読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぴあヘルパー

介護福祉士・そううつ病のピアヘルパーとして福祉・教育・医療等の記事をかいてます。

変更したブログタイトル「ぴあヘルパー」ってなに?

障がい者福祉 ぴあヘルパー

スポンサーリンク

ブログタイトルを変更しました。

「ぴあヘルパー」

シンプルな名前ですが、けっこう深い意味があります。

 

「ぴあ(ピア)」とは?

英語のピア(peer)という言葉で、「年齢・地位・能力・経験などが同等の者・同僚・仲間」を意味します。

ピアサポート・ピアカウンセリング・ピアスタッフ等ありますが、「同じ問題や環境を体験する人が、対等な関係性の仲間で支え合う」という意味です。最近、福祉の世界で注目されています。

そして、(私がつかっている)ぴあヘルパーの「ヘルパー」は、「ホームへルパー/訪問介護員」の意味です。

 

「ピアヘルパー」とは?

私が創業した「NPO法人 五つのパン」

さいしょに行なった「横浜市精神障害者訪問介護事業」で、私がピアヘルパーとして訪問介護をしました。

共に創業した岩永さんへのインタビュー記事より 

身体障害者のグループホームで知り合った、躁鬱が激しい青年の「自殺しそうだから来て!」とのSOSに牧師とともに駆けつける。

青年と親しくなるうち、身体障害者と知的障害者には就労する施設があるが、精神障害者には働く場がないことがわかった。「精神障害の福祉がはじまったばかりの時代で、社会の一員として生活することを模索していた」。青年とともに横浜市に相談に行くと、精神障害者が働ける事業を起こしてほしいと依頼された。

精神障害者をピアヘルパー(編集部注:教育カウンセリングの考え方を学び、仲間同士で助け合う役割を担った人)として雇い、気持ちが通じ合える同じ精神障害者を手助けする訪問介護事業を行うのが「五つのパン」だ。

「躁鬱が激しい青年」というのが私のことです(笑)ここにピアヘルパーのことも書かれています。

ピアサポートやピアカウンセリング(自助グループ)はボランティア的に行なっているものですが、私の場合、起業した自分の事業所で仕事としてピアヘルパー・訪問介護をしていました。

 

私の躁鬱病の詳しい症状については↙ (目次「2-2. 高校で発症した躁鬱病」に書いてます)

www.noah-jonah.com

時を経て、いまは「寛解・安定した状態」です。再発予防のための最小限の薬を飲み、落ち着いて過ごしています。

ヘッダー画像のロゴも変更

草なぎ剛主演の「任侠ヘルパー」の文字をイメージして「ぴあヘルパー」。趣向は違いますが、同じ介護福祉の世界です。

 

以前のタイトル「のあよなドットコム」を考えた経緯

この時と同じ「coconala/ココナラ」のデザイナーさんに

ヘッダー画像の「ロゴ文字の変更」をお願いしました。

 

f:id:NoahJonah_papa:20160522151004j:plain

北海道の酪農ヘルパーみたいな。

都会からの移住、豊かな自然や動物に囲まれた環境のもと、そううつ病(精神状態)も安定して暮らしていける。

ほんわかした癒しの雰囲気が伝わればいいなと思います。

 

ぴあヘルパーとして山梨でも活動していきたい

15年も前から活動している老舗のピアヘルパーな訳ですが、今後もピアとして活動していきたいと願ってブログタイトルにしました。(このタイトルでずっと続ける予定です)

これまで多くのクライアントに関わってきましたが、私が自分の障がい・病気のことをオープンにすることによって相手は心を開きやすく話しやすくなります。そして、体験者として、多くの症状やエピソードに共感(傾聴・共感的理解)できます

実務経験によって介護福祉士の資格を取得。介護保険や障がい者福祉(精神保健福祉)等の専門家です。また、障がい者であるだけでなく、結婚・子育て・移住等も経験。幅広い分野においてアドバイス(助言)することができます。

 

www.noah-jonah.com

ショップはじめました!

 

このブログでは、ぴあカウンセリングを売りにすることを目指して、福祉・教育・医療等の専門的な記事を書いていこうと思います。